Crabe,Cygne

Crabecygne
"Crabe","Cygne"
motifs-marquoirsより

今週も、2種類のモチーフでした。
ひとつが小さいときは、2個なのかな。
それにしても、この白鳥は最初なんだかわからなかったです。蟹と並んでるから、何か海の生き物かと思っちゃった。白鳥なんて、気合いれて大きくデザインしそうな感じですが、そうでもないのね~。

Crabe:蟹・・・無意識をあらわす。

Cygne:白鳥・・・純粋、幸運をあらわす。女性の美しさの比喩。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モチーフ辞典3種

CoccinelleColombeCoupledoiseaux
"Coccinelle","Colombe","Couple d'oiseaux"
motifs-marquoirsより


だいぶ遅れちゃったモチーフ辞典ですが、少しずつ再開しています。
刺しやすそうなものからやっているので、順番はばらばらですが…。
刺したあと、台紙に貼るのが実は一番面倒で、後回しにしちゃうんですよね^^;ようやく、重い腰をあげて仕上げたので、写真を撮れました。
2羽の鳥は、思いっきり失敗して、左右対称じゃなくなっちゃいましたが、強引にそのまま終わらせてます。モチーフ辞典を始めた頃は、もう少し几帳面にやっていた気がするのに、だんだんアバウトな性格があらわれてきました(笑)

Coccinelle:てんとう虫・・・お守り、マスコット。

colombe:鳩・・・純粋、慈悲、無垢、朴訥、愛情、無邪気の象徴。オリーブの枝と共に描かれるときは、平和、神と人との宥和を表す。

Couple d'oiseaux:つがいの鳥・・・永遠の生命、夫婦、愛を表現する。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Chien

chien

"Chien"
motifs-marquoirsより

今週のモチーフは犬です。
たれ耳が可愛い^^
後ろ足やしっぽの描き方が、細かいです。
なんか、猫のときと愛の差を感じるんですが…(笑)。このデザイナーさんは、きっと犬派ね!
その割りに、解説文は簡単なので、調べるのは楽でした。

今週に入ってから、仕事が忙しくてなかなかまとまった時間がとれません。むむ~。でも、もうすぐ週末なのでがんばろう。

犬:
忠実、友情、警戒の象徴。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Chevre

chevre
"Chevre"
motifs-marquoirsより

今回は、やぎでした~。
最近、四つ足の動物が続きますね。
やぎっぽくしようと思って、あごひげを付け足したんですが、よく辞書を見ると、「やぎ」のあとに「雌やぎ」って書いてある…ん?雌にもあごひげってあるかしら?
でも、この立派な角は雄ですよねえ。
まあ、深いことは考えないことにしましょう(笑)

やぎ:
官能や悪魔の象徴。
中世には、最後の審判の日の地獄落ちを意味した。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Cheval

cheval
"Cheval"
motifs-marquoirsより

今週は、馬でした。
Cがこれで4つ目ですね~。どこまで続くのか、C。
久しぶりにサイズも大きめで、ほとんどベタ刺しで楽だった…のはいいんですが、ふと気づくと胴が一列分短かくなってました。
でも、ちょうど、首から上が大きすぎてバランス悪いような気がしていたので(毎回、大きいだの小さいだのうるさくてすみません^^;)、ついでに首と頭も少し削ってしまいました。力強さが薄れちゃったかな…。

馬:
中世では、覇権、高潔、勇気の人格化(馬格?)であった。それはまた、元気、多産、早さの象徴でもある。馬は、ロバと反対の意味をもつ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Chat&Aigle

chat

"Chat","Aigle"
motifs-marquoirsより

今週は猫でした。
でもこれ、最初「…リス?^^;」って思っちゃったのは、尻尾が立派なせいでしょうか…いや、耳が小さい(ない?)からかな…。
今まで、勝手に、アルファベット1文字につき2種類ずつだと思ってたんですが、Cはこれで3つ目ですね。ちょっとびっくり。

ひとつだけ刺し残していた鷲も終わったので、一緒にファイリングしました。とびとびの目が面倒くさそうで、ずっと後回しにしてたんですが、ようやくできて、今は宿題を終わらせたようなすっきりした気分(笑)

さて、猫の解説部分の、なんちゃって訳ですが…
 古代エジプトにおいては、多産と死という、相反する意味を持っていた。中性には、悪魔の子孫とされた。
 また、無為、おしゃれ、それに自由をもあらわす。
ということらしいですよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Cerf

昨日のうちにステッチは終わっていたんですが、記事が間に合いませんでした~。

cerf

"Cerf"
motifs-marquoirsより

雄鹿です。
動きのあるデザインですね。でも、なんかだんだん、モチーフのサイズが小さくなっているような…。

一応、文も訳そうと努力はしたんですが、わからない部分はすっとばしたりしたので、自信ないです。
言いたいことはなんとなく伝わってくるような気がするんですが^^;

”雄鹿”
勇気、誇り、権力、権威、知恵、優しさ、男らしさの象徴。
純粋な行い(?)と長寿も象徴する。
多くの聖なる狩人(?)と月の女神ディアナの属性である、狩猟と結び付けられる。

フランス語の辞書をひくので大変なのが、英語と違って「全ての」単語をひかないとわからないところ。
英語とほぼ同じ綴りのものは意味も同じだろうとは思うんですが、もしかしたら違うかもしれないし…と、一応ひいたりしているので、えらく時間がかかります~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Canard

canard

"Canard"
motif-marquoirsより

さくっと終わりそうだったので、刺してしまいました。
モチーフ辞典第5弾(私にとっては4つ目)、あひる です。水かきまでちゃんとあって、かわいい。
リネンはほとんど使ったことがないので最初は大変でしたが、だいぶ慣れてきました。この企画がちょうどいい練習になっている感じです。

文章については、夫婦の貞節や結びつきの象徴、というように解釈したんですが、いいのかなあ。どうしてあひるが結婚に関係するんでしょうね。夫婦仲がいいとか?日本語で「おしどり夫婦」というときのおしどりみたいなものでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Abeille

モチーフ、5個目が出ましたね。
今度はあひるかあ。刺しやすそうでよかった。

abeille
"Abeille"
motifs-marquoirsより

さて、これは昨日刺したものです。次のが出るまえに、少しでも追いついておきたくて。
蜜蜂です。(でも、ハエにも見えるよね…ごにょごにょ)
辞書をひいて見ると…「復活、雄弁、秩序、知性、繁栄のシンボル。アングロサクソンでは希望をあらわす」というようなことらしいです。多分。
これで3つ目なので、だいぶ気持ちが落ち着きました~。今後は少し、余裕をもてそう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

Baleine&Belier

秋の天使をちょっとお休みして、モチーフ辞典にとりかかってしまいました。
まずは一番簡単そうなくじらから…

baleine"Baleine"
motifs-marquoirsより

手元にあった28ctリネンに、DMC498番がなかったので、それに対応するコスモ242番で刺しました。
はじめ1over1でやってみたんですが、あっという間に挫折(>_<)細かくて、わけわかんなくなっちゃうんです。私には、10年早かったもよう…
改めて、2over2をプリントアウトしてきました。これはすんなり終わったんですが、今度は、せっかくこれのために買ってきたクリーム色っぽい紙と布の色が似すぎていて、いまいち。
そこで会社帰りにユザワヤに寄ってみました。ZweigartやDMCの布も少しはあったんですが、思うような色味のがなく、最も希望に近かったコスモのコームというリネンを買ってみました。10cmに132目だそうなので、33Ct相当くらい?やわらかくて、なかなかいい感じです。値段も安かったし(笑)

で、それを使って刺したのが、次の雄羊。
belier
"Belier"
motifs-marquoirsより

写真だと、色の違いがわかりにくいかな?わりと濃い目の茶色です。
スケッチブックは、ユザワヤで黒台紙に赤い表紙のものがあったので、それを購入。大きさはB5くらいです。20Pなので、トータルの冊数は増えることになりますが、今後布を貼った部分だけが分厚くなっていくことを考えると、どちらにしても1冊にあまりたくさんは綴じられないかと思ったので…。
布を紙に貼るのは、ruriさんのサイトを参考にさせてもらって、両面テープを使いました。その紙を台紙に綴じるのも両面テープです。のりを使うよりも、すっきりとまるかと思います。

とりあえずこんな感じで始めてみましたが、どうでしょうか…。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧