もか近況

子犬が来てから1ヶ月ちょっとがたちました。
この一ヶ月は、犬の世話と猫のフォローで、あっという間に過ぎていった感じです。
もかに対しては、最初の余裕は、今は全然ありません…

トイレに関しては、サークルの中にいる限りはちゃんとトイレシーツで用を足してくれるんですが、そこから先に進みません。つまり、外に出てるときには、もよおした途端にその場でしちゃうんです。
なので、目を離すときには自由にさせておけず、サークルに入れておくしかありません。
しかも、最近は食糞まで始めました…。
話には聞いていたものの、まさかうちの子が、自分の排泄物を食べるなんて!
フードをアイムスからサイエンスダイエットに変えたのと同じタイミングで始まったので、すぐに元に戻してみたんですが、やっぱり食べますね~。餌の問題じゃないのかしら。
昼間は留守番なので、止めようがありません。早いところ飽きてくれるのを待つしかないのかな…

あとは、噛むことですかね。
興奮してるときに噛んでくるのは、ダメ!といってやめればよし、やめなかったら部屋を出てしばらく無視、というやり方で対応していて、まあそのうち成長して治まればいいなー、というくらいなんですが、困るのは、気に入らないときに噛むことです。
特にひどいのが散歩の帰りで、家の近くの国道を渡るんですが、そこは交通量が多いし歩道も自転車がとばしてくるので、抱っこして帰ってきます。このときに、抱き上げるとしつこく噛んでくるんです。
口が届かないところに手を置いてガッチリ抱いてしまえば一応はおとなしくなるんですが、降ろした途端に振り向いて噛み付いてきます。
あとは、毎回ではないですが、仰向けで抱っこしたときにも噛んでくることがありますね。
こういうときは、いくら叱ってもやめません。血が出るほどじゃないのでまだましなのかもしれませんが、白目をむき出して何度も噛んでくる顔を見ると、ほんと憎ったらしいです(笑)

しかも、顔が!
毛が抜けて生え際がくっきりできており、まさにサル顔です。
ポメラニアンの成長期にはこういう時期があるものらしいですが、鼻や手足も伸びてきたし、初めて見たときの愛くるしいこぐまみたいな様子は、一瞬でなくなりました。
しかも、目頭に黒い毛がちょっと生えてきて、吊り気味の眉毛みたいで、やけにキリッとした顔だちになってます。
可愛いは可愛いですが、ずいぶん印象が変わったな~。
大人になったら、ほんとにふわふわゴージャスなポメラニアンになるのかどうか、ドキドキです。

| | コメント (57)

ほとんどトイレの世話ばかり

Moka2

GWが明けて、日常のペースが戻ってきました。
今日は、もかが初めて丸一日お留守番した日です。

予想はしてましたが、帰ってきたときはやっぱり大変でした…。
とはいっても、もかだけなら、そこまでではなかったと思います。
トイレが大変なことになるのは想像がついたので(何しろ、一日に15~6回も用を足す子ですから)、普通のサークル(A)のほかに100均で買った網を組み合わせた簡単なサークル(B)を用意しておいて、
・まず犬をAからBへ移す(Bには新聞を敷いてあります)
・Aの掃除
・犬の足を拭く
・犬をAに戻す
・Bの掃除
とすることで、手早く処理できました。

そしてそれから、寂しかった昼間の埋め合わせに、ご飯を食べさせて遊んで、またトイレに行くのでその世話をして…と、ひとしきり構ってやったあと、今度は猫たちの精神的ケアです。

猫のごはんは、もかの面倒を見る前にやるんですが、そんなことではごまかされてくれません。
特にるちは、びんが家に来たときもそうだったんですが、一見気にしてないように見えて実はものすごく繊細です。
私がもかの相手をしていると、いつの間にか一人で2階にこもっていじけちゃうんです。
なので、るちのところへいって、「一緒に居間へ行こうよ」と誘ったりなでたりしてなんとかご機嫌も治してもらわなくちゃなりません。
そんなことしてると、今度はびんが「遊んでよ~」と言ってくるし…。

それが全部済んでから、ようやく自分のご飯の支度ができる状態です。
今日は、帰宅してからここまで一時間でした。
これが毎日だったらどうしよう…でも、いずれは子犬も育つし、状況は変わると信じたいです…。

| | コメント (0)

子犬がきました

4/25に、我が家に家族が増えました。

Moka
ポメラニアンの男の子です。
名前は もとちか です。
わかる人にはわかってしまうと思いますが、戦国BASARAから取りました…
でも、呼びやすさや本人(犬)にとっての覚えやすさから、普段は もか と言ってます。
これだけ聞いたら、まさかオタクな本名だとは思われないでしょう(笑)

毛色はウルフセーブルというそうです。ところどころ、黒っぽい毛があるところが狼みたいってことでしょうか。
ちっちゃいのにそんな勇ましい名前がついてるところも気に入りました。

それにしても、どうしてこの家にこの子が来ることになったんでしょうか。
いおとも何度も話しましたが、なんだか急な話で、不思議な気がします。
とはいえ、衝動買いっていう訳ではないと確信してますが…
2人とも動物は好きだし、よく「犬を飼うなら何の種類がいい?」なんて話はしてました。
でも、実際には、臆病な猫が2匹いるし、共働きだし、飼うとしてもずっと先のことだと思ってました。
それが、ペットショップでうっかり出会ってしまい、お店のスタッフさんに「抱いてみますか?」と言われて抱っこしたのが運の尽きという感じ。
その場は、そのまま返して家に帰ったものの、気がつけば「どうやったら飼えるか」を具体的に話している2人…名前も考えちゃったりして。
結局、翌日もその子を見に行ってしまって、お取り置きにしてもらい、それからの一週間、本やネット、実際に共働きでポメを飼っている知人に相談したりして調べまくり、お迎えするに至ったわけです。
時期的にもちょうどGWで、交代で休みをとれば結構家にいてあげられる時間がとれる時期だったことも大きかったと思います。

気になる猫との関係ですが、まだ対面はさせていません。
もかはまだ一室だけでしか放しておらず、その部屋へはドアと引き戸で入れるんですが、引き戸は猫が開けられないように突っ張りポールでガッチリ止めてあります。
犬の声や匂いがすると猫も気にはなるようですが、自分たちの生活に影響がないからか、ほぼ無関心です。
もかの方には、普段猫が使っているタオルを一枚サークルに入れてみたところ、特に気にせずその上でくつろいでいるようなので、少し身体に猫の匂いがついたりして、警戒心を薄れさせるといいな~と期待してます。
次の段階としては、もかを部屋から出して、本人のいないときにもか部屋を猫たちに探検させてみようと思うんですが、無理やり猫を連れてくるのでは逆効果だろうし、タイミングが難しそうだなー。

もか自身については、今のところ「こんな簡単でいいの???」というくらい、手のかからない子です。
上に書いたとおり部屋が隔離状態なので、人が部屋にいない時間も結構あるんですが、たまに一声二声鳴くことはあるもののほとんど吠えないし、夜鳴きもまったくありません。
かえって、遊んであげられるとき以外に同じ部屋に人がいると、騒いじゃって落ち着かないので、一人にしたほうが睡眠時間もとれるようです。そーっと部屋をのぞくと、大体クレートの中で寝ているので(すぐ気づかれちゃうんですが)。

トイレも、最初からほぼサークルの中の同じ場所でするので、そこにトイレシーツを敷いたらほとんど失敗はないです。
まあ、私たちさえちゃんと彼の「トイレにいきたいサイン」を見逃さずにサークルに連れ戻せれば、なんですけど。それも結構わかるようになってきたので、あまり失敗はしてないかな。
問題は、2人とも仕事に行くようになって、汚れたトイレの始末がしてあげられないときですね。
今は一日に15回くらい用を足してるので、トイレの番だけで一日が明け暮れる感じです。

これからしばらくは、もかに振り回される生活が続きそうです。
このブログも、もかの成長記録になるのかな…

| | コメント (2)