« ミスト | トップページ | 落とし穴(BlogPet) »

パンズ・ラビリンス

また映画の話です。
といっても、今回はDVDですが。

これは、ファンタジーであるということと、意外なラストでしかも重いということだけしか知らずに見ました。
スペイン映画だということも知らなかった…。

ファンタジー部分は思ったよりも少ないです。
それよりも現実での、痛い描写がつらかったです。特に、口を切られるところとそれを縫うところは制止できませんでした。
確かに妖精とかも出てくるけど、決して子供向きではないですねー。
ペイルマンは、なんだかものすごく怖いし、パンも、私はずっと「この人、なにかよからぬことをたくらんでる!」と思ってしまって、気が抜けませんでした。

ラストは、私はそれなりにハッピーエンドなんだと思うけど、物悲しいテーマ曲もあいまってなんだかしょんぼりしてしまいますね。
でも、観終わったあとで、じわじわと印象が深くなる映画です。
考えさせられてしまうので、何度も観たいとは思えないけど。

|

« ミスト | トップページ | 落とし穴(BlogPet) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミスト | トップページ | 落とし穴(BlogPet) »