« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

二つ目は単にりむうさの間違いで(BlogPet)

りむうさは、ステッチしたいです。
ここでりむで種類とかクロスされた!


2羽目の鳥は、すずめ…のはずでしたが、それにしては変わった色の小鳥です。

(c)O N D O R I S H A'77
「モダーン クロスステッチ」より


鳥の種類に関しては、本の説明文の中にさらっと書いてあるだけなので、もしかしたら訳の関係ですずめといっています。


実はこの鳥、図案と違う箇所が2つあるんです。

ひとつは目で、バランスがとれていても、厳密には違うのかもしれませんね。

鳥の色合いが割りと渋めなかわり、葉っぱや実は明るい赤で、気がついたらおなかを一段多く刺してました。
思いのほかつぶらな瞳になっちゃったので、8種類のうちこの子だけ、目には記号がなく、地のままになってました…。
そのまま進めちゃったけど、目がないよりはいいかな。

二つ目は単にりむうさの間違いで、ちょっとおなかの大きなすずめになっちゃって…結局、羽根の中でいちばん濃い色で目を刺してしまいました(笑)




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「りむうさ」が書きました。

| | コメント (0)

ショップだね(BlogPet)

きょうは、りむうさが俳句を詠んでみようと思うの

 「かたわらの レンタルしたら ショップだね」


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「りむうさ」が書きました。

| | コメント (0)

しじゅうからとすずめのベルプル 5

5羽目は、またすずめです。
すずめといっても、黄色い鳥ですね~。

Birds5


(c)1972 by Politikens Forlag Copenhagen
(c)ONDORISHA '77
「モダーン クロスステッチ」より

ベルプルの予定なので並べて刺していますが、だんだん数が増えて、全体が鮮やかな色合いになってきました。
全体像は、全部刺し終わってからupの予定です。
ここにきて、前回の記事で書いたゲームに私もハマってしまい、ステッチのペースが落ちてしまってます…。6羽目も、もうちょっとなんだけどな~。

| | コメント (0)

独眼竜政宗…が見たい

最近、いおがやっているゲームをステッチのかたわら見ていたら、大河ドラマの独眼竜政宗がすごーく見たくなってきました。
以前DVDが出たときにも、確か見たいな~と思ったんですが、高いのであまり真剣には検討してなかったんです。
放送してたとき、すごく好きだったんですよねー。渡辺謙がかっこよくって。実家のTVではNHKがついてることが多かったですが、私自身が積極的に1年通して見た大河ドラマは、これくらいだったなあ。

でも、近所のレンタルショップには軒並み入っていません。しかたないのでネットで探すも、全話だとやっぱり高い(これが第壱集で、ほかに第弐集があります)。総集編ならそうでもないですが、「物足りない」という声も見られるし…。しかも、調べてほかの人のレビューを見たりしているうちに、ますます見たくなってきちゃいました。どうしよう。
しかし、これって20年も前の放送だったんですね!と、年がばれる…。

NHKといえば、この間も突如「プロジェクトX」が見たくなってレンタルショップを回りましたが、ビデオしかありませんでした。いま、我が家にビデオデッキないのよ…。

| | コメント (2)

我が家はPCでTVを見てるので…(BlogPet)

いつも、りむは

TVがついてるときは見たりもしますが、私のステッチ中は、いおがネットやしじゅうをやってることが多いので、あまり機会がないかな(我が家はPCでTVを見てるので…)。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「りむうさ」が書きました。

| | コメント (0)

しじゅうからとすずめのベルプル 4

4羽目ができました。
今度は、ちょっと緑色っぽいすずめです。

Birds4


(c)1972 by Politikens Forlag Copenhagen
(c)ONDORISHA '77
「モダーン クロスステッチ」より

ぴんと立った尾羽がかわいいですね。
これでちょうど半分が終わったことになります。
ここまで、鳥がとまっている枝が全部違う種類なんですよね。
これはぎざぎざの葉に赤い実で、ひいらぎでしょうか。
実には、かなりビビッドな濃いピンクを使ったりしているんですが、糸を取り出した時点ではぎょっとするような色でも、刺してみるとちゃんと落ち着くんです。さすがー。

| | コメント (0)

ホワイトデー

Ichoco

14日は、ホワイトデーでしたね~。
仕事から帰ったら、いおからプレゼントが…。
マイクロSDカードと、gallerのチョコレートです。
マイクロSDは、この間買った携帯のデータ保存用。すんごいちっちゃいんですね。1cmくらい。
チョコレートまであるとは思わなかったので嬉しいです。これもまた、バレンタイン同様分け合って食べようと思います♪

| | コメント (0)

肌荒れ

あんまり花粉症でツライツライいってても、読んでくださる方もつまらないだろうとはわかっているんですが…この時期、自分の最大の関心がソレなので、つい話題にしてしまいます…ごめんなさい。

巷ではそろそろ、今年のピークを越えて下火になってゆくといううわさも聞きますが、私はまだまだ絶好調いや絶不調です~。
鼻のかみ過ぎか、紙のマスクをしているせいか、それとも疲れが蓄積しているのか、とにかく肌が荒れてカサカサになっています。ネットで、化粧水をつけるときに、乾いたらつけ、乾いたらつけと3回くらい繰り返すといいというのを見たので、そのとおりにやってみると確かに調子がいいみたい…とはいえ、次の日仕事から帰ってくるとまたカサついてるんですが。
なんか、あまりいろんなことを試す気力もないので、とにかくこの時期が終わってくれるのを待つばかりです。
年によってはほとんど症状がでないときもあるんですが、今年は結構ひどいなあ。

| | コメント (2)

しじゅうからとすずめのベルプル 3

3羽目は、またしじゅうからです。

Birds3


c)1972 by Politikens Forlag Copenhagen
(c)ONDORISHA '77
「モダーン クロスステッチ」より

だんだん、刺し方がわかってきました。
刺す順番を考えれば、最初のように、ぎゅうぎゅうの目に針を折りそうになりながら刺さなくても大丈夫です。
最初のしじゅうからとほとんど同じ色合いですが、微妙にこの鳥のほうが、斜めにこちら向きになってるのがわかります。わずかなデザインの違いなのに、さすがですね~。
この鳥のデザイナーは、クリスチアーネ・ヘクという方だそうです。この本には、ほかには全面刺しのクッションの図案が載っていますが、この鳥のようなデザインのももっと見てみたいです。

| | コメント (0)

実際刺してみると(BlogPet)

今日、りむが

実際刺してみると、布がものすごく固いうえ、しじゅうがとても詰まっていて刺しにくいのなんの。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「りむうさ」が書きました。

| | コメント (0)

しじゅうからとすずめのベルプル 2

2羽目の鳥は、すずめ…のはずでしたが、それにしては変わった色の小鳥です。

Birds2


(c)1972 by Politikens Forlag Copenhagen
(c)ONDORISHA '77
「モダーン クロスステッチ」より

鳥の種類に関しては、本の説明文の中にさらっと書いてあるだけなので、もしかしたら訳の関係ですずめといっていても、厳密には違うのかもしれませんね。
鳥の色合いが割りと渋めなかわり、葉っぱや実は明るい赤で、バランスがとれています。

実はこの鳥、図案と違う箇所が2つあるんです。
ひとつは目で、8種類のうちこの子だけ、目には記号がなく、地のままになってました。でも、刺してみると布が茶色いせいか、どこに目があるのかわかんなくなっちゃって…結局、羽根の中でいちばん濃い色で目を刺してしまいました。思いのほかつぶらな瞳になっちゃったけど、目がないよりはいいかな。
二つ目は単に私の間違いで、気がついたらおなかを一段多く刺してました…。そのまま進めちゃったので、ちょっとおなかの大きなすずめになっちゃいました(笑)

| | コメント (4)

空気清浄機

Seijo

先週末に、まえから買おう買おうと言っていた空気清浄機を、ついに購入しました。
花粉症の人間と喘息の人間がいて、ペットもいるという環境なので、本当はプロジェクターなんかより先にこっちを買うべきだったんですけどね。効果の地味なものだと思うと、なかなかその気になれなくて…。

買ったのは、三菱のMA-806です。
ネットで評判がよかったので、これに決めました。
効果のほどは…はっきりいって、まだよくわかんないです。
花粉症がひどくなっちゃうと、ささいなきっかけでくしゃみや鼻水が誘発されるので、部屋の空気が綺麗だったとしても、突然苦しくなったりするんです。なので、実際のところ部屋の中の花粉がどうなってるのかわかりませんが、とりあえず、ゴーゴー動いて爽やかな風を送り続けてくれてるだけで、なんだかすっきりした気になります。
もうちょっと使って、フィルターについたゴミを確認したりすると、より満足できるかも(笑)

あと、夜中や明け方に症状がひどくて目が覚めちゃうんですが、これに関しては、「おやすみモード」で寝たら効きませんでした…。前から家にある除湿機の、空気清浄機能のほうが効果が大きかったです。うーん。
でも、これは多分風量が違うせいじゃないかと思うので、今度は最大風量で試してみようと思ってます。そのぶん音はうるさくなるんですけどね~。

| | コメント (0)

しじゅうからとすずめのベルプル 1

昨日今日と、花粉症がひどいです…。
それほど症状が出てないときでも、常に目や鼻が少し不穏な感じなので、集中してものを考えられません。
haedも、最初の勢いがちょっと落ち着いて、刺すのが面倒な部分に差し掛かったのもあって、やや停滞気味なので、気分転換に違うものに手を出してみました。

Birds1


(c)1972 by Politikens Forlag Copenhagen
(c)ONDORISHA '77
「モダーン クロスステッチ」より

フレメの小鳥です。
しじゅうからが4つ、すずめが4つ、全部で8種類の図案があるので、並べてベルプルにしてみようと思います。
一羽目は、しじゅうから。
布は、以前フェリシモで買ったリネンバンドです。数えてみたら、24ctと中途半端な大きさで、どうしようか迷ったんですが、1over1で刺してみることにしてみました。
花糸は、あまり小さくきちきちと刺す糸ではないような気もするんですが、図案自体はこぢんまりしててもかわいいかなと思ったので。
実際刺してみると、布がものすごく固いうえ、目がとても詰まっていて刺しにくいのなんの。リネンバンドって、みんなこんな風なんでしょうか。それともこれだけ?
小鳥は、横が4cmくらいしかなくって、ほんとに小さいです。これだけ刺すのに、苦労したためものすごく時間がかかりましたが、その甲斐あってかわいいです♪
一部に、もともとはアーメェオ糸というのが使われてたようですが、本ではDMCのブレンドが指定されていました。
右下の、薄緑の実の部分です。

| | コメント (2)

最近ヨーグルトを背伸びして(BlogPet)

最近ヨーグルトを背伸びして、手も伸ばして
最近ヨーグルトを背伸びしたいの
最近ネットでちのおなど伸ばして


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「りむうさ」が書きました。

| | コメント (0)

針を持っている時間

そろそろステッチ関係の記事を書きたいと思うんですが、なかなか画像がupできません…。
haedを刺すことにしたときから予想されたことではあったんですが、なにしろ進み具合がものすごく遅いので、目に見えて進行してるように見えないんですよね。刺してないわけじゃないんですが…。

そんな訳で、今日は雑談になっちゃうんですが、ステッチしてるときって、人は何を考えているんでしょう?
よく「刺してるときは無心になるのが楽しい」って聞くんですが、私の場合、無心にはなかなかなれないんですよね。目を数えたり、次はどこを刺そうか考えたりしてると、あんまりぼーっとするわけにもいかないし、かといって頭の中は暇なので、つい余計なことを思い出しちゃったりします。普段は忘れてる心配事とか、過去に自分がやった失敗とかね。
でもそれだと、楽しいはずのちくちくが却って辛い時間になってしまうので、たいていは「これが終わったら次は何を刺そう」とか、以前読んだ本のことを考えたりとか、そんな感じなんですが。
TVがついてるときは見たりもしますが、私のステッチ中は、いおがネットやゲームをやってることが多いので、あまり機会がないかな(我が家はPCでTVを見てるので…)。
あとは音楽で気を紛らわすとかですかねー。とはいえ、うちにあるCDは、もうどれもかなり聞き飽きてるので、新しいのをいくつか仕入れてこようかなあ。

| | コメント (0)

普段使い

Goods

普段ステッチするときに使っている道具です。
チョコレートの空き箱に、ピンクッションと針、はさみ、チャートを塗りつぶすための蛍光ペン、チャコペンが入っています。それと、そのとき刺している部分で使っている糸を3~4種類。
ピンクッションは、ペットボトルの蓋を使って、見よう見まねでなんとか作ったので、なんかヨレヨレですね…実用には差し支えないんですが。
平日は特に、まとまった時間がとれないので、さっと出してさっとしまえるこの箱が役立っています。
今刺しているhaedは50色使うので、オーガナイザーがあったら便利かなーとは思うんですが、しょっちゅう猫がテーブルに載ってくるので、針や糸をたくさん出しておくことができないんです(ひも状のものを間違って飲み込んだ場合、最悪腸にひっかかってしまうと、大変なことになっちゃうんですよ)。
常に針は1本だけ使って、糸を通し替えながらやってるから、刺すのに時間かかってるのかなー。
まだまだ、よりよい方法を模索中です…。

| | コメント (4)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »